広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワーゲンバスの錆補修の塗装: 実践編

最近の広島は雨が多く、せっかくの休暇なのに塗装が出来るチャンスが無かったのですが、ある日の晴れ間を狙って塗装を決行しました。

P4216123.jpg

まずはマスキングです。結果でいうともっと広くマスキングすべきだったのですが、初心者ですから「これくらいでエエんちゃう」ってな感じでマスキングしてしまいました。

地面にはホコリが舞わないように水をしっかりと撒いておきます。

SANY0633.jpg

塗料とハードナーを混合します。ハードナーを混ぜることでウレタンを硬化反応させるのです。
比率が決まっているので、ちゃんと量って混ぜ合わせます。

SANY0646_20100421210123.jpg

緊張の初塗装です。スプレーガンは缶スプレーと違って霧が細かいので、凄く塗装しやすいです。

SANY0641.jpg

面白いな~とばかりに吹きまくっています。
しかしながら塗装の霧は思いのほか舞うので、周りに洗濯物とかを気にしていないと、真っ赤な霧でそこら中がアカになっちゃいますね(^_^;)
あまり長時間やると近所迷惑だね、こりゃ~...........(汗)

それとノーマスクで作業は止めた方がエエね~。塗料を無意識に吸い込んでいるんだろうね。
一日頭痛がしたからね。次回はマスクをちゃんとやろう。

そして、出来のほうですが、まあまあというとこでしょうか。

マスキングについては中元自動車にも広めに取れといわれたのに、忠告を忘れていたので、塗装の境界線がくっきりと出た箇所が数カ所あります。

後、部分塗装をしているので、やはり意識すると塗った部分が分かるということはありますね。
これはコンパウンドで地道に研ぎましょう(-_-)

ただ奥さんと僕とは、自分達で直した感があるのが逆にいいじゃんか!!  という見解です(笑)
素人臭い雰囲気のほうが、このヤレたバスには似合っていると思います。

とっいうことで、次回はコンパウンドで磨こうと思います。
スポンサーサイト

| ワーゲンバス | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rootwest.blog94.fc2.com/tb.php/542-ba38bf5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。