FC2ブログ

広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワーゲンバスのマフラーを消音する

補修進行中のうちのワーゲンバスですが、マメに乗り回しているので調子は上々です。
しかし、マフラーが社外製のA-1純正ダイノマックスマフラーというのに変わっています。

SANY0640_20100416214018.jpg

こいつもサビでボロボロだね(-。-;)

これが結構良い音をさせてくれるのだが、如何せん音量が大きい。
20代のイケイケの頃ならコレでOK!!!なんだけど、さすがにちょっと大きすぎるのだね。

そこでっ簡易的にサイレンサーを作ってみることにしました。

SANY0644.jpg

マフラーの出口に付けるタイプのサイレンサーは部品をそろえていくと結構エエ値がするので却下です。
というのもワーゲンのマフラーってハーレーの相場からしたら超安いのです。
見た目はハーレーよりも大きなものでも1万円中盤から3~4万あれば色々と選べるのだ。
今候補に思っている静かめのマフラーが1.5万ほどだからね。

そこで今回はフランジというエキパイとマフラーを繋ぐ部分に抵抗を付けて音量を落とす方法をやってみることにした。

SANY0645_20100416214801.jpg

ゴミ箱からペンキの缶を拾ってきて、金属ばさみでチョキチョキと工作です。
簡単に穴を開ける部分にマジックで下書きして。

SANY0646.jpg

こういうフランジサイレンサーを作ります。はじめなので穴は少なめです。
このアイデアは昔、ハーレーの定番でリバイブサイレンサーといってドラッグパイプ用のサイレンサーを付けていたことがあり、それをパクったわけです。

srevive.jpg
http://www.revive18.com/custum/56.html

SANY0651.jpg

う~ん....恐ろしく穴の数が少ない気がするが....

まっやってみよう!


マフラーを取り付けてエンジンスタート!!!

おっ問題なくエンジンがアイドリングしますね(^_^)v

しかもかなり!! 静かになっとる(^_^)

制作費ゼロ円のわりにはいいんちゃう!?

早速試乗にでます。ちなみにうちの周りは坂が多いです。

結果は.............

普通に走るといっちゃ走るけど、坂を登るときにパワーがかなり無くなったな。
やはりマフラーが詰まりすぎているんじゃの。

SANY0653_20100416215654.jpg

次にちょっと穴をひろげて、20kmほどドライブに出ます。
しっかりとスピードだすために西広島パイパスで飛ばしていきます。

う~ん。今度は結構普通に走るっちゃ走るね。
でもやっぱ少し糞詰まり感があるな。

帰ってきてからさらに穴を大きくして、近所を試乗。
音は結構静かなままだけど、やっぱ坂道でパワー不足を感じる。

もしかして爆音がしなくなったので、感覚的にパワー不足と感じているのか??

もう少し様子をみて、実用上で問題なければこのままで行き、問題ありそなら、マフラー新調しよっ。

ということで、エンドレス補修は続きます.....

SANY0699.jpg


スポンサーサイト

| ワーゲンバス | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rootwest.blog94.fc2.com/tb.php/539-f1222571

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。