広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワーゲンバスのサビの除去と修復 序章

39才のワーゲンバス
セオリー通りにサイドシル部分に塗装の浮きを発見。

SANY0334.jpg

単に塗装がプクプクと浮いているだけなら良いのだがね~。

SANY0331.jpg

反対側も同じように水疱瘡のようになっとるわ。

SANY0328.jpg

悩んでも仕方ないっ。スクレイパーで水ぶくれのような塗装をパリっとそいでみますと!

SANY0327.jpg

オ~マイガー!!! パリパリと簡単に塗装は剥がれ、指で押すとズボっと貫通(T_T)

SANY0333.jpg

スクレイパーとスチールブラシで浮いた塗装の除去作業を両側行います。
駐車場は赤い塗料片だらけ(>_<)

取りあえずは穴が空いた状態で、赤いペンキでペタペタと仮に塗って防錆しておき、穴からサイドシル内部に向けて防錆スプレーを吹き込んでおいて今回は終了。

次回は本格的にサビ周りを剥がしてパテで埋める予定。塗装は....どうしよう(汗)
スポンサーサイト

| ワーゲンバス | 07:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

かな口さん、お久しぶりです。
こないだのツーリングの写真は拝見しましたよっ!
僕もホントは行くはずだったのに、三連休ということで、店が手薄になるからということで断念しました。

コメントありがとうございます。

実は発泡ウレタンはすでに入手済みなのですよ!!
考えることは一緒ですね!
ただ、この場所というのが、空間を塞いでしまうと、返って湿気が逃げにくくなりサビを誘発するのではないかという気もしています。

逆に汚い穴はパテで埋めて、新たに水抜きの穴を適切な場所に開けようかと思っているくらいです。

今、新しい同僚がペイントと板金のプロなのでいつも質問攻めしてますよ(笑)

また今後も色々とアイデアお願いしますね。

またお会いしましょう!!

| 管理人 西本 圭介 | 2010/03/29 18:14 | URL |

ご無沙汰しています。ワーゲンバスの再生楽しみですね。
サイドシルの補強に、発泡ウレタンを注入されてみてはいかがですか?
かなり効果があるみたいです(車体強度が増すようです)。
ただし、水抜きをしっかりしておかないと・・・なことに。

パテで埋めてしまうのは勿体無いかな?と思いましたので。

| かな口 剛 | 2010/03/28 23:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rootwest.blog94.fc2.com/tb.php/520-93b2a279

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。