FC2ブログ

広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』

遅ればせながら映画『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』を見ました。

僕は丁度84年頃に音楽を始めたので、彼達が来日したスーパーロック84のビデオは当時凄い高価だったけど、買って見ていた思い出があります。

その当時の僕はアンヴィルよりもスコーピオンズやマイケル・シェンカー・グループのほうに興味があって、
アンヴィルっ?? ダセ~ってな感じだったと記憶しています。

というのも、まだメタリカやスレイヤーなどもメジャーではなく、友人の家でLPを聞かせてもらったときには、非合法なブツを取り出すようにレコードラックから出されたLPを友人の力説を交えながら聞かされたのですが、
拷問以外の何でもね~な。こんな超酷い音楽は絶対!! に売れね~.... 結果はご覧の通り....(汗)
ちなみにその友人はその後、ハードコア業界で有名人になりましたがね。

そんな時代でしたのでアンヴィルなど眼中にも無かったのです。
恐らく、多くの人が同じように思ったのではないでしょうかね。

そんなアンヴィルですが、映画になったことは薄々知ってはいましたが、気にも止めていなかったのです。
しかし、最近車通勤が多くラジオを聴いていると4/22(木)に広島 CLUB QUATTROでライブがあるという告知が頻繁に流れていました。

そこで、映画の存在を思い出してレンタルショップに駆け込んだわけです。

内容としては映画 メタリカ :真実の瞬間のように生々しいバンドの内側を描いたドキュメンタリーであり、素直に見ると非常に笑えて泣いて、感動できる素晴らしい映画でした。
僕達のヨーロッパツアーの過酷な思い出が蘇ってきて、「うんっうんっその気持ち分かるよっ」という感じでしたね(笑)

しかし、厳しい見方をすれば、全てアンヴィルのプロモーションとしてのツールであり、結果的には知名度も飛躍的に上がり、CDも売れている?と思う。凄い作戦だ。

この映画で売れないバンドが夢を目指して日々普通の仕事をしながら、活動するという姿は一般人にはビックリする絵だったと思うが、僕から言わせれば大半のバンドなんて殆ど同じ状況じゃね~。と思ったのです。
これはアマチュアがということではなく、プロの大半がということです。

海外のバンドの場合、ビックインJAPANといって現地では別に有名でないが、日本でBIGなバンドが沢山ありました。(例えばMr.Bigとか)

そういうバンドは日本のメディアはスター扱いした記事を作り、プロモーションの為に他人の豪邸やレンタカーのスポーツカーでプロモーション写真を撮り、それを雑誌に掲載したもんだから、
メタル全盛期の時代に雑誌を信じ込んだ僕はロックをやれば王様のような生活が出来るんだって信じていました。

実際はアメリカ留学したときに現地で多くのプロに出会い、別に普通の人じゃんっ、現実は普段は普通の仕事をしていたり、音楽学校で教えていたりと以外とマトモな普通の人が多かったのです。

ですから、別にアンヴィルが特別不運なバンドだとは思いません、だって一度は大きな成功をしたのですから。
一度も大きな成功をしないアーティストなどこの世にゴマンといますよ。

そういう思いから見ると、非常に巧妙に練られたプロモーション企画の映画なんだと感じました。

さすがっアメリカ人(カナダ人っ?)のアイデアは違うね。こういうアイデアにお金を投資できる人がいる欧米は凄いっ。
夢や面白いことに投資をする文化の無い日本。
これがアーティストが育たない一番の原因かもしれないです。

王様の存在無しに偉大なクラシック音楽家は生きていけなかったように。







スポンサーサイト

| 音楽系の話 | 09:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rootwest.blog94.fc2.com/tb.php/513-f289d333

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。