FC2ブログ

広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポーツスターXR1200のカッコよいビデオ紹介

こんにちは。音楽ネタにすると書き込みがドッと増えることに驚きの今日この頃です。
いまだにベーシストとしての私に多少は興味を持っていただいているようで感謝いたします。
とはいえ本職のハーレーの話題も懲りずに出していきますので、よろしくお願いします。

先日友人のM氏のXR1200とツーリングにいったのですが、まだまだ国内ではレアな車両であるXR1200ですが、走っている姿を眺めているとやっぱかっこよいですね。レーシーな位置づけのモデルですが、僕はM氏が跨った姿からメョ~に悪さを感じてしまいます。レーシーというよりもストリートファイター的なバイクですよね。


さて、ハーレーダビッドソンUSAがカッチョイ~ビデオを作っていましたので、ぜひチェックしてください。

毎回書いていることですが、ハーレージャ■ンさんが良い子モードなのに対して、ハーレーUSAは悪いですね!!
あきらかに公道を法定速度以上で走っているようなシーンもあったりしてね(笑)
別のビデオではパーンナウトしながら走り出すシーンがあったり!!
USAってバイクの持つ不良的な部分を凄くよくコマーシャル出来ていると思うのですね。さすがっ!

なぜにハーレージャ■ンではこんなクールな宣伝が出来ないのか..といつもここで書いてしまうんだけど、最近も色々考えたのですが、例えば音楽の勉強で僕が留学し帰国してから日本でアメリカ的な感覚や文化を取り入れる難しさを凄く痛感しているので、ハーレーに限ったことではないんだけどね。
アメリカに住んでいるときにクールだと思うことでも、そのまま日本でやると嫌味になったり、こっちの文化にはあわなかったりしてね...。

だからハーレーのマーケティングにおいても、アメリカの作ったビデオをそのまま日本で使うとか、アメリカナイズされた宣伝をそのままやると、へんなクレーマーのような人が「公道でそんなスピードで走っていいのですか!!」とか保安基準がどうのとか、色々とイチャモンを付けられることがあると思うのね。
多分、訴訟なんかはアメリカのほうが断然多いと思うんだけど、アメリカでは自己責任という考え方もそれ以上に徹底しているんだね。
ここが日本との大きな差だと思う。アメリカは訴訟も多く、コンプライアンスについては日本よりも徹底しつつ、逆に自由なとこは本当に自由だと思う。自分のことは自分で守るという精神が根付いている国だからね。

僕はハーレーに興味のある人の大半はハーレーに文部省推薦的ないい子ちゃんバイクのイメージは求めていないと思っているのだけど、数パーセントの人は完璧でクリーンで無公害的な凄くまじめで完璧なイメージを持っていて、大抵はそういう方の0.1%位のクレームや抗議を恐れて保守的な方向性に向かっていると僕は思う。

僕はハーレーに乗ること自体がエコでもないんでも無いと思っているし、ハーレーなど究極の無駄の美学だと思うんだ。
無駄こそが文化やアートを形成しているし、ハーレーは何故だか理由は分からないけど、男が(最近は女性もだけど)強く惹かれてしまうブランドの代表格だと思うのね。

僕自身は欲しくない人を説得してまでハーレーを買って欲しいとは思わないし(失言かな?)、嬉しいことにこれまで顧客になっていただいた方は本当にハーレーの好きな素晴らしい人達。

僕はハーレーに乗って心が大らかになったと思うし、世の中のすべてのことに対してイージーゴーイングになったと思う。
「別に細かいことはエエんちゃう! 楽しくやろうぜっ」っていうフィーリングだね。

長ったらしく書いたけど、ハーレーの営業をしていると色々な方達との出会いがありますが、僕はいつも「ハーレー乗ったら楽しいですよ」って連呼します。
だってハーレーってそれがすべてでしょ!!
スペックとか、燃費とかエコかとかそういうことでは無くてカッコいい、楽しいだよ。

ハーレーに乗ることは「人を許せる自分になれる」「生きていることに感謝できる」カッコよくいうとそういうことだと僕は思っている。

ここは日本だからまったくアメリカと同じようにはいかないけど、僕個人としては常にお客様にハーレーを通して、そんなことを一緒に提供できたらいいと思っています。

皆さん、素晴らしい季節を駆け抜けてください!!!
でも安全運転で!!

スポンサーサイト



| ツーリング系の話 | 02:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT