広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グリップヒーター“ ヒートデーモンズ”はかなりエエよ!

今日はこの時期にお勧めの商品を紹介しようと思う。
紹介するのはキジマさんが取り扱っている“ ヒートデーモンズ”というグリップヒーターだ。


ヒートデーモン2


ココ最近、僕のマイブーム(死語....)といえる商品でして、たて続けにお客さんに取り付けさせていただいています。
これまでの商品と違って、ハンドルの中にヒーターを内臓するので、グリップは何でもヨシなんだね!

ヒートデーモン
しかもハーレー用のはクラッチホルダーを止めるクランプ部分にスイッチとインジケーターが内臓されているので、パっと見は純正と変わらないし、グリップヒーターをつけていることは殆ど気がつかれない。

僕としてはディーラー勤務なので当然純正部品を薦めるべきであるし、実際純正のグリップヒーターは新車時につけると3年保障というありえない長さの保障も尽くし質感も良いから言うことはないのだけど、お客さんの中にはせっかく良いグリップをつけたのに、また買いなおさなくてならない、気に入ったグリップを使いたいという要望も当然あるわけ。
そんな場合はこのヒーターは絶対にお勧めだ!!

お客さんのにつけて効果のほどは純正の1.5倍は熱いのではないかという位だ。
今回は純正の金属が肉厚タイプのグリップでも、十分に温度が伝わるのだから、ゴムグリップだとマックスに設定すると熱すぎではないかというくらいだ。

そんなに良いなら自分でもつけたらって言われそうだけど、ホンマ付けたいのは山々だけど、僕の年式だとクラッチのホルダーが現行と違うのでスイッチが付けられないことと、エアーサス用のバルブがハンドルの先端についていて、ハンドルが空洞で無い、という特殊な年式のハンドルなので、このままでは取り付けできないんだ!! 悔しい!!!

価格も16800円で工賃も純正取り付けとほぼ一緒なので、結構安く付けられるよ。

正直、グリップヒーターなんていらね~派だった僕ですが、これを機にどうにか加工ほどこしてでも付けようかなと検討中です。

興味ある方はバルコムにて!

スポンサーサイト

| ハーレーカスタム | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。