広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再度 ラスベガスより

IMG_0761.jpg

こんばんわです。
先ほどハーレーダビッドソン バルコム広島店のブログを一気に更新掛けました
今はラスベガスのフーターズというホテルなんですが、現地の9/19にここを出発して9/22の今日1700kmを走って戻りました。
途中モニュメントバレーとルート66のホテルはさすがにインターネットなど無縁だろうっていう場所であり、更新が出来ずに今日必死になって3日分を書いたという具合です。
フーターズというお色気たっぷりのホテル(別に変なホテルちゃうよっ)でカジノにも行かずブログを更新する僕はなんて仕事熱心なんでしょう。

ということで、ぜひブログでチェックして欲しいわけですが、ここではツーリングのレポというよりも僕の感想を書きたいと思う。

まずアメリカには雑誌でよく乗っているようなチョッパーなど走っていません。
ラスベガスの近郊にアレンネスのショップやチョッパーショップもあって、店先にはロングフォークのニュースクールなどが止まっていますが、それが走っている姿など一度も見ませんでした。

P9233009.jpg
すれ違うバイクは90%がハーレーで、意外とホンダのゴールドウイングが走っていて、BMWも多かったかな。
レーサータイプの日本車は殆どみなかった。けど国産のアメリカンタイプは意外と走っていたかもしれない。タフで壊れないというので、あえて日本製のハーレータイプを好む層はあるようですね。

今回、1700kmのツーリングに同行して、実際に走らせてもらったのは2~3時間くらいなので偉そうなことは言えんけど、とにかくアメリカでの巡航速度と凄く速い!
120kmが普通のスピードで、それ以上の巡航がごく普通に行われている。
ガソリンスタンドが3~400kmおきにあるような広大な土地では、とにかくタフでスピードが出て、故障しないという条件が必要だ。
そうなると最新のツインカムエンジンのインジェクション仕様というのは、まさに必要な条件といえるのだと思う。
自分の93年式のEVOでは到底、巡航スピードには着いていけないし、ついていったとしても相当キツイのには間違いない。

アメリカと日本では文化も環境も違うので、アメリカにいったからといって、アメリカが凄いということはないが、やはりアメリカで走りに重きを置いた人達の選択は日本とは違うと感じた。

僕はチョッパーも大好きだし、実際に欲しいと思っているぐらいチョッパーファンだ。
長距離巡航がハーレーの楽しみのすべてではないが、やはりハーレーは走ることによってこそ価値がある、というのは僕の中で揺るがないことにはなりそうだ。

とにかく、ハーレーで走ることの素晴らしさをサポートする立場として感じた。
正直な感想をいえば、仕事ではなくプライベートで一緒に走りたかった。

ハーレーはビジネスで語るものではなく、やはり乗ることで語りたいというのが、今回のツーリングを終えての正直な気持ち。

このチャンスを与えてくれた会社には本当に感謝しているし、今回サポートの立場だから感じれた感動もあるので、僕は200%以上満足している。

しかし次回はぜひプライベートで走りたい。
次はツアラーではなく、ダイナで走りたいな。風を体で感じながら、超高速でぶっ飛ばしたい。

ダイナにフェアリングとサイドバックをつけたツーリング仕様は最強だろうな!!!

IMG_0843.jpg

後は仕事としてアメリカを見た感想としては、やっぱ本場のディーラーは凄いよ。
日本だとどうしても、カスタムショップ至上主義的な部分はあると思う。
実際にそういう風潮になる要因もディーラーにはあった(ある)と思うんだ。

まず本場のディーラーのスタッフは格好良い!!!
両腕にビッシリとTATOOを入れて、髭をたくわえた老バイカーが接客していたり、若いイケイケのロック兄ちゃんが店員だったり。
でも、ハーレーってこういうもんやろ。

日本ではハーレーをレクサスの店員にしたがっているのか???
ハーレーが大好きでハーレー馬鹿の店員がネクタイしめて、ホテルのフロントマンのような接客してどうなの......???

文化の違いがあるので、全く同じようになるには100年以上掛かると思うけど、日本におけるディーラーのイメージ戦略はもっと考え直すべき、というか僕自身が変えないといけないと感じた。

非常に高いハードルではあるが、アメリカでの経験を早く日本のフィルターに通して、何から実行できるのか。

それを考えたいと思う。

残り少ない滞在で可能な限り、自分を成長させたいと思う。

ということで、現地時間の夜中2時です。
超眠たいので寝ます。

それでは。

スポンサーサイト

| バイク系の話 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。