FC2ブログ

広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポーツスターIRON883 出るのか...... 映像公開

おはようございます。
広島は昨日から天気が悪いですね。
さて、先日もレポートしましたが、アメリカのハーレーダビッドソンよりIRON883がデビューしました。
そのプロモーション映像を紹介します。


こうやって見るといいね~。
アメリカのプロモの作り方が上手くてさ、日本のハーレー・ジャパンはいい子ちゃんにしようとしすぎているので、本社とジャパンとの意識の違いという面でディーラーに勤めている身としては複雑な感じだ。
ともかく、映像がかっちょいい(^_^)v

これで国内で発売するとしたら(隠しているわけではなく、ディーラーにも正式には何も情報は入っていません。)110万円台くらいなら、かなり買いだとおもうね。

ディーラーなのでマフラー交換とかは出来ないけど、せめてマフラーをブラックに塗って、ハンドルをドラックバーにでもすればかなり良くなると思う。

メーカーがカスタムやチョッパー・ライクなモデルを出してくることがメーカーとして正しいのかは分かりませんが、保守的な日本のメーカーに比べれぱ、アメリカは凄いなって思いますね。

ただアメリカも非常に厳しい状況にあるし、環境問題、排ガスの問題などで空冷Vツインが今後も継続していくのだろうか...という不安はありますね。
車メーカーは水素とか言っている時代ではないですか。空冷エンジンで果たしてどこまでやっていけるのか。本当に不安です。

そんな昨今ですが、昨夜は変わった夢を見ました。
それは自分がビッグ・スクーターでチョッパーを作っている夢なんだ。
最近のお客様の傾向として、ハーレーのVツインの魅力で買われているかというと実際はそうでもなく、ハーレーのブランドで買って頂いているケースが多いように思う。
三拍子を出したいとか、キャブ車が欲しい、排気音が大きい方が良いというような話を聞くことは殆どありません。
僕がハーレーを乗り始めた時代は直管のドラッグパイプでバリバリといわせて走っていたが、最近そういう人は殆ど見なくなったよね~。
やっぱ時代の流れというか、誤解を恐れずにいうと、ソフテイルに水冷Vツインが乗っても別に売れると思うのね。それがハーレーらしいかという議論はおいといて。
で、夢の話に戻して、僕は単純に楽しいというだけなら、スクーターのタフなエンジンを積んで、ルックスはチョッパーでも別によいかなっとも思っている。
エンジンの鼓動はもちろん違うわけだけど、最近ヤマハSRのチョッパーなど国産単気筒チョッパーもおおいじゃん。これも手ごろな価格で個性的なマシンを作りたいというニーズとマッチしているからじゃないかな。
一昔前のTWでロングスイングアームが流行ったのといっしょで。
今はバガーブームなので、スクーターの操作性と収納力を持ったチョッパーフォルムのものが格好良いのではないかと夢で考えていました。
僕はハーレーはやっぱ空冷Vツインが魅力だと思っている派だけど、ハーレーというブランドが進化するためには、それを乗り超える日があると思う。

話がまとまらないけど、この時代だからこそ、何か大きな変革があるような気がする昨今です。ちなみに2010年モデルで大きく変化があるという話は全くこちらには情報入っていません。

それでは。

| バイク系の話 | 09:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT