広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NCA ファイナル

僕の長かった名古屋コミュニケーションアート専門学校での勤務もラストです。実際には3/3卒業式と3/4の私物の片付けはあるんだけどね。

考えると長い名古屋への単身赴任でございました。6年間の三分の二はホテル暮らし、新幹線は通算600回は乗ったことになる。
始めの一年は新幹線の2.5時間が辛くて辛くて...。今は唯一無心になれてホッとする時間になったので少し寂しいです。
ホテル暮らしはプチ独身生活(笑)
三人の子持ちの僕には贅沢極まりない環境でした。これもある意味で寂しいな~。
家族とべったりと生活したことがないので、ちょっと不安であります。変な不安でしょ(ToT)

学校は来期は凄く大きな変化になりそうです。僕は学校に校舎の無い時代からいるもっとも古いスタッフだったので、新生NCA音楽がどのように変化するか、お手並み拝見といった感じです。
いい意味で僕のカラーではない方向性で良い方向に変化してほしいものです。

上司のために働くのではなく、常に在校生の顔を見て仕事をしてほしいとここでスタッフや講師にエールを送りたいと思います。

また学生に対しては学校はあくまでも皆のやる気と学びたいという気持ちをサポートする機関でしかないことを知ってほしい。
最終的な責任は皆さん自身にあるということを忘れないで欲しい。

僕自身は学校に楽しさを求めるのはナンセンスだと思う。また楽しくプロになる方法など存在はしない。
肉体をミュージシャン仕様に改造することは厳しく、辛いことです。
それに快感を見出せるような精神が皆さんには必要です。
プロミュージシャンを目指すということはある意味で“クレイジー”な行為です。
だから常人の感覚で学校を見たり、世間を見てはダメです。

行動は紳士的で、そして音楽はクレイジーでいてほしいものです。

卒業生にとっては“卒業”というようなセンチメンタルな感情は必要なし!
今から過酷な航海に出発です。
辞めるは簡単。
残念がられるどころか、喜ばれることのほうが多いでしょう。

そういう意味で「続けること」の厳しさを実感する一年にこれからなります。

途中で座礁しないように頑張ってください。

Good Luck!!

スポンサーサイト

| 日記 | 11:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。