広島のハーレーダビッドソン&ベースFan BLOG

ハーレーダビッドソンやワーゲンバス、そしてベースギターなどの話題満載のブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベースの上達法

久しぶりのベースネタ。
現在もベースを教えているが、音楽学校でディレクションをしていた当時よりも最近のほうが忙しいのではないかな。
感謝です。ホンマ

また18,9才の子を中心に教えていた3年前の当時と比べると18~50才くらいとかなり年齢層も広がったことで教授法も随分と勉強したと思う。

そんな昨今ですが、ベースはもとより楽器を上達したい人からの質問が多くなった。春だからだろうね~

そこで今日は楽器の上達法について語ろうと思う。

まず多くの人が教本や教則ビデオに頼ろうとする傾向が強いが、やはり一番の早道は好きな曲をコピーをすることなんだ。

例えば大昔に電気楽器が発明された時期に初めてエレキベースを買った人が教則本や映像で勉強しただろうか?
恐らく弾きたい曲、または弾かなくてはならない曲があるから楽器を入手し、ガムシャラに練習しただけではないかな。

皆、もっとシンプルに考えて欲しい

なぜ上手くなりたいの?

僕の場合は当時大好きだったアイアンメイデンのカッコええベースラインが弾きたかった。
それだけ。
プロになりたいとか、そういうことではなくて、好きな曲をカッコよく弾いて女の子からキャ~!! って言われてモテモテになりたい。そういう自分を常に目標にしていただけ。

楽器を買って適当に爪弾いていたら、何か が変わると思っているのは、ハーレーダビッドソンとか高級車とかを買ったら人生が変わるとか、自分が高まると思っている痛い人と同じ。

単純に好きな曲を弾きたいという思い。
そして人から一目置かれたいのなら、人の何倍も努力をするしかないのだ。
「西本さんはベース上手いですね」って当たり前だよ。
自分でも感心するくらいにベース練習したし楽器にも投資したし、本当に音楽に真剣に付き合ったのだから。

好きな曲があってコピーするけど、耳コピーが難しいという話しもよく聞くが、
大抵は聴きが足りないだけ。

寝ても冷めても音楽聴きまくって、楽器触っていれば誰でもそこそこは弾けるようになる
絶対に。

上手くならない人というのは。

言い訳が多い人
仕事が... バイトが.... 学校が.... 大統領でもあるまいし、そが~に忙しい一般人はおらんよ。

物に投資すれば、物が幸せを運んでくると思っている人
楽器でもバイクでも車でもそう。お金だせば誰でも物は買える。でも、それを自分の物にする、それが似合う自分になることには精神的にも肉体的にも鍛錬が必要なんだ。

ひとつのことをアホみたいに追求できる人はそれ以外のことでも本当に幸せな人だと思います。

レッスン生達がベースをニコニコしながら練習するのを見ながら、本当~に心豊かな生活だなと思います。

話しがベースの上達法という部分から反れたかもしれないけど、要するに好きなことを全力でやれる人。
いつもニコニコと明るく、元気で、ポジティブにやれる人は絶対に楽器ごときはすぐに上達すると思う。

上達するには大好きな曲をカッコよく弾きたい!! という純粋な気持ち。

それしかないのではないかな。

ということで。


僕、トシ ヒケタ(デビットリーロスバンド)、レイ・ルジアー(KoRn)
映像と本文は別に関係ございません。
スポンサーサイト

| ベース系の話 | 17:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイ・フェイバリット・ベース

最近のお気に入りのベースはフェルナンデスのミディアムスケール。
弘法筆を選ばずという言葉があるが、楽器なんて値段でなくて品定めさえ良ければナンボのでもOK

P3094914.jpg

こちらは友人のMさんからの借り物です。無茶使ってます、すいません(^_^;)

P3094915.jpg

フィンガーランプをバチっと装着して、凄げ~弾きやすいのです。
しかも黒いプレベ・シェイプというのがたまりませんね。
個人的にはプロ時代よりも最近のほうが上手くなっている実感があります(^_^)v
力抜いてエエ感じの音が出せるようになったので、嬉しいな~。

P3094917.jpg

最近ベースネタが少ないですが、大分ベースを処分したとはいえ、ガレージにはまだまだ楽器が転がっておりますよ。

P3094921.jpg

この壁にはメインで使っていたベース達が。おっラウドネスの山下さんのモデル(本物)や初期のグヤトーンなどレアなものもありますよ。

P3094920.jpg

いつか完璧に調整したいビリーシーンのコピーモデル。超レアっ(^_^)v

それ以外にもまだあるのですが、僕のものや友人のものなど、ごちゃ混ぜでよ~分からんです(笑)

ということで、ベース熱は冷めておらず、レッスンもバリバリ行っております。

後は三年はやっていない生演奏をやれば....なんですが、なかなか誘ってくれる人もいなくてね....(T_T)

今日はこの辺で。


ショップ


| ベース系の話 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛器 ベナベンテ benavente ケイスケ・モデル

久しぶりに機材の話しでもしよう。
というのも、最近になってまた愛器に対しての問い合わせが増えてきたからなんだ。

benaventeguitars001.jpg

僕が使っているのはベナベンテというアメリカのメーカーです。
僕がオーダーしたときはまだ日本ではマイナーなメーカーでしたが、今では多くの方が使っているようですね。
http://www.benaventeguitars.com/

benaventeguitars008.jpg

NECK : 5 Piece Laminated Aged Hardrock Maple w/ Grahite Inlaid Bars
FINGERBOARD : Quatersawn Macassar Ebony w/ Top & Side Maple Dots
BODY : Buckeye Burl Top & Honduras Mahogany Back
FINISH : Satin
PARTS : Hipshot Black Hardware
Pickups & Preamp : Dimarzio Dual Coil Pickups with Benavente Preamp

benaventeguitars003.jpg

特徴的なボディはシングルカッタウェイという形でネックの強度を稼ぐために12フレットの当たりからボディに結合している。
トップの木材はBuckeye Burlという日本語でいうとトチノ木の節なんだね。
地中で埋まった節というかコブの部分から青カビが入って模様がついているということらしいです。
この木目の部分というのは大きな表面積を取る事が出来ないので、非常に高価な木材なんですよ。

Buckeye Burlというのは、どちらかというと腐ったような木の部位なので、表面がボコボコの材も多く樹脂で埋めまくって表面を平らにしたような物も少なくないんだね。
僕のは本当にコーティングも薄くて凄く質の良い材なんですよ。(ちょっと自慢)

benaventeguitars011.jpg

もうひとつの自慢はナットがミス珊瑚(通称:ピンク珊瑚)が使われていることです。
こちらは宝飾品として使われる珊瑚なので、ナットだけで数万円というお値段です。

benaventeguitars006.jpg

4弦のペグには僕の特注のHIPSHOTヒップショット製のDチューナーが搭載されています。
市販のDチューナーでは5弦ベースの4弦部には取り付けが基本は出来ませんが、僕のは5弦のペグに当たらないように加工されているのですよ。

benaventeguitars005.jpg

ハンドメイドで恐ろしく軽くて薄いボディです。ネックも薄くて大抵触った人はビックリしますね。
この手のベースは大きくて重いという概念を覆すベースですよ。

benaventeguitars009.jpg

今回問い合わせも多いので、再度ご紹介しましたが、最近思うのですが、やはりベースを上手くなるには道具もかなり大切だなと思います。
決して高いベースを買えば上手くなるわけではないですが、調子の狂ったベースでは幾ら練習しても上達しないといえます。

ベースという楽器に拘ることも上達のひとつのステップだと思います。

ぜひ参考にしてください。

楽器についはこちらのページでもチェックできます。
http://rootwest.com/music/legacy/

| ベース系の話 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高の弟子 ベーシスト YO-KO

教え子のベーシスト YO-KOから連絡があった。
僕の歴代の弟子の中でダントツのレベルを誇るベーシストだ。
そりゃそーだ。僕の教え子でホンマ売れっ子になった川崎哲平も僕がディレクションした学校で彼女に教えていたのだから、凄いサラブレットだといえる。

そんな彼女から最近CDを発表したとの元気な報告を聞いて、本当に嬉しくなったよ。
http://www.myspace.com/nanigashiroo
凄い格好良いので、ぜひ視聴してみてっ! ↑

yoko.jpg
彼女のブログから無断拝借....すまぬ

そんな彼女が僕の古巣であるケリー・サイモンさんのバンドで演奏するらしい。
12/4に大阪でなんだが、同日に同じく僕の古巣のトシ・引田のバンドも大阪でライブをするみたい。凄い偶然だっ。

本当にたった2年で僕は全く別の世界の住人になってしまったが、こうやって嬉しい報告や同士の活躍を見ていると本当に嬉しくなってくる。
イヤイヤ、正直にいうと嬉しさと嫉妬と半々ってとこかな(笑)

ホンマ、教え子には負けていられないので、ベースの腕は落とさないように充電しっかりしておかんとなって最近凄く思うよ。

それと、活躍する教え子を見ていて思うのは、成功の秘訣は素直さ謙虚さ、そしてベースがどうのこうという前に一人の人間として、大人としての礼節であったり、思いやりであったり、そういう人柄がこの子達からは感じられる。

僕自身、数百人のベーシストを見てきたけど、成功の秘訣は技術や知識ではなく、
人柄 本当にこれしかないと思っている。

ゲームのリセットボタンを押すかのごとく、人間関係をプチっと切れるような人が多い昨今、活躍する教え子のほうが忙しいにも関わらずマメにコンタクトとってくれる。
やはりコンタクトを取れるというのは自己に自信があるからだし、活躍や嬉しいことを伝えたいという人間として当然の行動を取れることも成功の鍵だと思っている。

僕の弟子達は全国にもっと多くいるので、皆に一言!
成功の秘訣をもう一度思い出してほしい。

ベースが上手くなるなんて当然のこと。次に必要なのは人とのコミュニケーション力。
自分の活躍や頑張っていることを自分の肉親に自信を持って伝えられること!
次に友人に話せること。そして先輩や師に伝えられること。
そうやって自分を人に伝えれば、自分をもっと磨かなくてはならなくなる。

ぜひ、プロを目指して暗礁に乗り上げそうになったら、これを思い出してほしい。

本当に素晴らしいミュージシャンは最高の人格者でもある。


音楽はその人の心を伝えることであり、その人の人格以上の成功など得られるはずが無い。
もし得られたとしても、それはコピー商品を売る詐欺師と変わらない。

幸いなことに僕の同士達は本当に素晴らしいミュージシャンであると同時に素晴らしい人格者達だ。

僕自身も彼らに恥じないように頑張らないとイカンと思った。

ベーシスト 後藤 洋子ちゃんの情報はこちらからっ↓
http://ameblo.jp/mimiccho/

| ベース系の話 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベースの話し: オーバードライブの使い方

どうも~!
最近はベースレッスンのほうも好調でございまして「貧乏暇なし」とか「師走」とかいいますけど、本当に忙しくさせていただいています。レッスン生の皆っありがとう~!

僕の本当の休みは何時なの?? という感じです。音楽学校に勤めているときよりも沢山ベースを教えている気がしますからね~(笑)
 
さて、最近レッスン生さんやメールでエフェクターの使い方に関して質問が多くあります。
ベースの月刊誌ではメーカーごとの音の違いとかのインプレッションは出来たとしても、なかなか使い方を説明できていないというのが現実のようですね。

なかなか忙しくて、ハウツービデオを撮影して公開する暇もないので、今日のところは以前に撮影したグヤトーンさんのエフェクターの紹介ビデオを再公開いたします。



僕がベースを始めた当時に一番初めに買ったのはオーバードライブです。
ベースが歪む(ゆがむではないよっ)というのはビギナーにとって一番分かりやすい効果である反面、ビギナーが使いこなせない代表的なエフェクターともいえます。

ここで使いこなし方を説明するのは難しいけど、使いこなすポイントはエフェクターの設定方法ではなく、ピッキングのダイナミクスをどれだけテクニックとして表現できるかです。
最近の人気のあるオーバードライブ系でピッキングに反応しずらい物を探すほうが困難なくらい、メーカーさんは結構良いものを出していると思いますので、あまりメーカーに拘る必要はないですよ。

このピッキングに反応するというのがポイントであり、ピッキングの強さで歪ませられるというのが使いこなしのポイントといえます。

映像のように、優しく弾けば暖かみのある音がし、強く弾くとアンプがブリブリとキシむような音になります。
このようにピッキングで表情を付けられることが非常に重要です。
楽器を鳴らすことが出来なければ、良くない音が増幅されるだけですからね。

僕はエフェクター大好き人間なのですが、反対に人間のテクニックに勝るエフェクターはないと思っています。
ネットをたまに見ていると、このメーカーがどうのとか.....色々比較論が飛び交っていますが、正直なところそれほどの差は無いといえます。
そんなことを語りあう時間があったらベースの練習したほうがエエんちゃうかっていう意地悪なことも思ったりします。

特に最近の子達はインターネットでの情報が多すぎて、YOUTUBEを見たり、Mixiや掲示板で情報交換していることで“やった気”になっている子が多いっ。

楽器と楽しく付き合うには、多くを語らずしっかりと練習をしたり好きな曲を弾いたりするという基本に忠実にがんばって欲しいですね!!

ということで、広島市近郊の方でベースを上手くなりたい方はぜひ以下のリンクを見て問い合わせしてください。
初心者大歓迎!! 年齢も性別も不問です。
現在19才~40才中盤までで、男女ともに在籍しています。遠くは北九州から通われている方もいます。
時間さえ合えばクリニックなどもお受けしますので、音楽教室などからの問い合わせもぜひっ!

よろしくっ!!
〔広島地区〕プライベート・ベース・レッスン:: ベース教室



| ベース系の話 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。